ブログが見れない?HTTPSの設定をしていて画面が開けなくなった時の対処方法!

ブログが見れない? HTTPSの設定で 画面が開けない時の対処方法! (1)
ブログをhttpsでも見れるように設定していたらブログが見れなくなっちゃった!助けて!

常時SSL化(https)が主流となった今、プログラミングの知識が無い方も運用中のブログをHTTPSにしたいと思う機会があると思います。

しかしこのSSL化は設定する順番を間違えるとブログが見れなくなってしまうという落とし穴もあり、ブログが表示されなくなってしまった!という状況に陥ってしまう人も少なくありません。

そこで今回の記事ではXSERVER(エックスサーバー)にブログを乗せている場合を例に、SSL化(https)の設定順序を間違えてブログが表示出来ない時の対処法を解説していきます。

画像はXSERVERを例に記載していますが、他のサーバーで運用してる場合でも似たような対処法で解消出来ると思うので参考にしてみてください。

ブログが見れなくなっても落ち着いて対応していこう!


ブログが見れない

今回の記事ではSSL化の設定時に、下記の様な画面になってしまった方を対象にしています。

ブログつながらない

またこの画面に至るまでに、ワードプレスの設定画面からURLをhttpsに変更していた方は今回の対応でほぼ間違いなく直ります。

ワードプレスの設定をhttpsに変更する

もし状況が違うけど見れないという方は、下記の記事にブログをHttpsでも表示出来るようにする手順をまとめているので参考にしてみてください。

ブログを見れるように修正する

今回ブログが表示できなくなった原因は下記の2つのいずれかになります。

ブログが表示出来ない原因
  1. SSL化の反映が完了していない
  2. そもそもSSL化の対応をしていない

SSL化が完了していない場合

XSERVER上でSSL化を有効にしたのに下記の画面になってしまっている場合は、SSL化の反映が完了していない可能性が高いです。

ブログつながらない

SSL化の反映には1時間程度かかる場合があるので、少し時間をおいてから確認してみると良いでしょう。

もしブログで変更したい箇所があってHTTPでも良いから今すぐに触りたい!という方は下記の方法でブログを見れるようにすることも出来ます。

HTTPでブログを見れるようにする手順
  1. エックスサーバーの管理画面にログイン
  2. 「ファイル管理を選択」
  3. データベースの情報を確認する
  4. 「サーバー管理」を選択
  5. 復旧したいブログのドメインを選択
  6. phpmyadminでデータベースに接続する
  7. 該当箇所をhttpに変更する

エックスサーバーの管理画面にログイン

Xserver管理画面

Xserver管理画面にログイン

サーバーIDは契約時のメールに記載がされており、パスワードは契約時に設定したものを入力しましょう。

ファイル管理を選択

XSERVER - ファイル管理

下記のように一覧が表示されればOKです。

XSERVER - ファイル管理一覧

データベースの情報を確認する

続いてデータベースにアクセスするために必要なデータベース名、ユーザー名、パスワード情報を確認しに行きましょう。

データベース情報の確認方法
  1. ファイルの一覧からブログのドメイン(himakuro.comなど)を選択
  2. public_htmlを選択
  3. wp-config.phpのファイルの左のチェックマークにチェックを入れる
  4. 画面右上の編集ボタンを押す
  5. データベース情報をメモ帳などにメモしておく
XSERVER − データベース情報

データベース情報

データベース情報として「データベース名」、「ユーザー名」、「パスワード」の3箇所の内容をメモしておきましょう。

上の画像では説明用に日本語で記載していますが、実際はアルファベットと数値のみの値となっていますのでその値をメモしましょう。

注意
wp-config.phpの内容を変更してしまうと今回の対応を行っても、違うエラーでブログが見れなくなってしまう可能性があります。データベースの情報を確認したあとは戻るボタンで戻るか、ブラウザを閉じてから管理画面に入り直すと安全です。
もし間違って保存してエラーが出てしまった場合は、コメントかTwitterでDMを貰えればhimakuroの方でブログを表示出来るようにお手伝いするよ…!

サーバー管理を選択

Xserver サーバー管理

データベース情報のメモが完了したらログイン後の最初の画面に戻り、サーバー管理を選択しましょう。

復旧したいブログのドメインを選択

Xserver - ドメイン選択

サーバー管理にアクセスをしたら今回復旧したいブログのドメインを選択しましょう。

phpmyadminからデータベースに接続する

いよいよデータベースへの接続です。

XSERVER - phpmyadmin

phpmyadminを選択するとユーザー名とパスワードを聞かれるので、先程メモした値を入力してログインを行いましょう。

ログイン後は画面左に下記のような+アイコンがあるのでそこを選択し、先程メモをしたデータベース名をクリックしましょう。

XSERVER - phpmyadmin
XSERVER - データベース一覧

データベース一覧

選択後は下記のようにデータベースに存在するテーブルの一覧が表示されるので、「wp_options」というのを探しクリックしましょう。

phpmyadmin - テーブル名一覧

するとテーブルの中身が表示されるので上の方にある「siteurl」と「home」という項目を探しましょう。

この2つの項目にはブログのドメインが「https」で記載されていると思うので、URLの部分をダブルクリックして「http」に書き換えましょう。

XSERVER - phpmyadmin

書き換え後は適当な場所をクリックして入力モードを終了するだけで保存されます。

ブログが表示されるかを確認する

これでhttpへの変更が完了です。

httpでブログにアクセスを行い、管理画面も含めて正常に表示出来るかを確認してみましょう。

またSSL化の反映が完了したあとは、ワードプレスの設定から下記の2箇所をまたhttpsに戻せばSSL化(HTTPS)の対応を完了させることが出来ます。

ワードプレスの設定をhttpsに変更する

SSL化の対応をしていなかった場合

まだサーバー側の対応をしていないのにワードプレス側の設定を変更してしまい、画面が見れなくなっている方は上記の「HTTPでブログを見れるようにする手順」を行いブログを表示出来るようにしましょう。

ブログが復旧出来たら下記の手順でSSL化を行いHTTPSでも表示出来るようにしましょう。

最初は難しいけど一度手順を覚えてしまえば簡単だから、これを機会に必ず覚えよう!

まとめ

今回の記事ではSSL化を行う際に、手順を間違えてしまいブログが表示出来なくなってしまった際の対処法をXSERVER(エックスサーバー)を例に解説しました。

他のサーバーでブログを運用している場合でも似たような方法で解決は出来ると思うので、画面が表示されなくなっても諦めずにチャレンジしてみてください。

もしここで紹介した方法でも解消しないから助けて!と言う方はコメントやTwitterのDMでお手伝いをする事も可能なので気軽に相談してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です