クリック報酬型と成果報酬型どっちが稼げる?メリット・デメリットまとめ

3 min
Sponsored Link
himakuro

himakuro

新卒で入社したブラック企業から脱出して超ホワイトな会社に転職。エンジニア歴は7年で普段はウェブサービス作ったりブログを書いたり、MENTAで未経験者の方にプログラミングを指導しています。

FOLLOW

今回の記事ではアフィリエイトの種類について解説して行きたいと思います。

アフィリエイトには大きく分けて

  1. クリック報酬型
  2. 成果報酬型
  3. インプレッション報酬型

の3種類が存在します。

それぞれメリット・デメリットが存在するので状況に応じて適した広告を貼ることで収入アップが見込めます。

今回はこの3種類の中でよく利用されているクリック報酬型と成果報酬型に焦点を当て、メリット・デメリットについてまとめました。

https://himakuro.com/wp-content/uploads/2018/12/himakuro-happy-reverse.png

それぞれのメリット・デメリットを把握して効率よく収入を増やして行こう!


クリック報酬型広告とは

Google Adsense

クリック報酬型とはその名の通りクリックしてもらうだけで報酬が発生するタイプです。一番人気のクリック報酬型広告と言えばみんな大好きGoogle Adsenseです

クリック報酬型広告があるASPとしては下記が挙げられます。

Sponsored Link

成果報酬型広告とは

A8.Net

成果報酬型とは掲載した広告をクリックしてもらい更に何かしらのアクションをしてもらう事で始めて報酬が発生するタイプの広告です。

成果報酬確定の条件は広告によって異なりますが例としては下記が挙げられます。

成果報酬の条件の例

  • 無料会員登録
  • 有料会員登録
  • ダウンロード
  • 商品購入
  • 口座開設

成果報酬型を取り扱っているメジャーなASPとしては下記が挙げられます。

クリック型報酬のメリット・デリット

クリック報酬型のメリットは何といっても、広告をクリックしてもらうだけで収入が入ることです。

クリックした先で商品を購入してもらう必要は無いのでハードルがとても低く稼ぐ楽しみを味わうにはまずここから入る方が多いです。

また、この手の広告は自身のサイトやブログに掲載するだけで訪問者の趣向に合わせた広告を表示してくれるので、どんな内容のページでも汎用的に広告を貼る事が可能というメリットもあります。

一方、デメリットとしては報酬の単価が全体的にかなり安いです。

GoogleAdsenseはクリック報酬型広告の中では報酬がダントツで高いですがそれでも1クリック平均10円~30円、最大でも200円程度です。(100円以上は滅多にありません)

また、この手の広告はクリック率にかなりばらつきがあり1000PVで10回クリックしてもらえる日もあれば1回もクリックされない日もあり、安定した収入をこれだけで稼ぐのはかなり困難です。

Sponsored Link

成果報酬型のメリット・デメリット

成果報酬型はクリック報酬型と違いアクションを起こしてもらわないと報酬が発生しないため、紹介している記事の文章力(セールス力)が大きく問われます。

しかし、成果報酬型は単価がクリック報酬型よりも遥かに高いというメリットがあります。

成果報酬1件に付き、報酬1万を超えるものも多数あり、更に、自身でクリックしてアクションを起こしても成果報酬がもらえる自己アフィリエイト可能な広告も数多く存在します。

一方、デメリットとしては先にも述べた文章力が大きく問われることが挙げられます。

成果報酬型では訪問してくれた人にその商品のどこが魅力的なのかを正確にかつ解りやすく伝える事が必須です。これが出来ていないとアクションに紐付かず報酬が一切発生しません。

また、他のデメリットとしては成果報酬型はページの内容にあった広告を貼らないと報酬がほぼ発生しません。

あなたのブログ・サイトに来る訪問者はGoogle検索で何かしらのキーワードを入力して訪問しています。その検索キーワードと全く関係無いものに関しては、今求めていない可能性が高いです。例えば「肌を白くする方法」を検索している人に「日焼けサロン」の広告を見せても見向きもされずに終わることでしょう。

なので出来る限り自分のサイト・ブログの内容に沿った広告を貼る必要があります。

クリック報酬型広告が向いているサイト

クリック報酬型は単価が低いという点から、稼ぐためにはかなりのPV数を要します。

その点から、クリック報酬型をメインとして扱いたい場合はアクセス数が集まりやすいWikiやまとめサイト、トレンド型に向いていると言えます。

Sponsored Link

成果報酬型広告が向いているサイト

成果報酬型はアクセスが少なくてもセールス力さえあれば安定した収入が見込める点から特化型のサイトに向いていると言えます。

逆にトレンド型の様な、内容が記事によってバラバラの場合は関連記事への誘導もし辛いのでユーザーの心を掴み難いです。

クリック報酬型と成果報酬型どちらの方が稼げるのか

悩む牛

結論としては

将来を見据えるのであれば成果報酬型一択

成果報酬型で商品が売れるようになると、それはあなたの実力(セールス力)が付いてきた証とも言えます。

このセールス力はアフィリエイトを続けて行くにあたり大きな武器になります。

クリック報酬型の場合はクリックされても正直それは運でしかありません。勿論PV数も関係はしてきますが、あなたの実力とはほぼ無関係です。

なので、本当に稼ぎたい人は成果報酬型の広告をメインで掲載し、adsenseの様なクリック報酬型は補助程度で貼り付けると良いです。

まとめ

クリック報酬型と成果報酬型どちらの方が稼げるのかというのを気にする方が多いですが両方を使い分ける方が一番稼ぎやすいというのが結論です。

それぞれのメリット・デメリットを把握した上で適切な広告を貼って行きましょう。

Sponsored Link
himakuro

himakuro

新卒で入社したブラック企業から脱出して超ホワイトな会社に転職。エンジニア歴は7年で普段はウェブサービス作ったりブログを書いたり、MENTAで未経験者の方にプログラミングを指導しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です