【2020年版】楽天UNLIMITのおすすめ端末をコストと性能重視で紹介!【旧楽天モバイル】

7 min
【2020年版】楽天UNLIMITのおすすめ端末を紹介!【旧楽天モバイル】
Sponsored Link
himakuro

himakuro

新卒で入社したブラック企業から脱出して超ホワイトな会社に転職。エンジニア歴は7年で普段はウェブサービス作ったりブログを書いたり、MENTAで未経験者の方にプログラミングを指導しています。

FOLLOW

  • Rakuten UN-LIMITのおすすめ端末はどれ?
  • Galaxy S7って実際どうなの?
  • Rakuten Miniって実際どうなの?

今回の記事ではこんな疑問に答えて行きます。

毎月1万円近い固定費になってしまいがちなスマホ(携帯)代金ですが、近年では格安SIMなどに乗り換えることで毎月数千円程度の出費に抑えることが可能になりました。

毎月の出費が5,000円も浮けば、そのお金で毎月1回外食の回数を増やすことが出来るようになります。

外食にあまり行かない人は趣味に使っても良いでしょう。

5,000円で出来ることの例

いずれにせよお金に多少の余裕が出来ることで様々な選択肢が生まれ、今まで以上に楽しい日々が送れるようになります。

そこで今回の記事では2020年4月8日からバージョンがアップした、今話題のRakuten UN-LIMIT(ラクテン アンリミット)を使う際におすすめの端末を紹介して行きます。

毎月のスマホ代が安くなっても端末の性能不足で、今まで出来ていた事が出来なくなっては、ストレスが貯まり人生の質は下がってしまいます。

それでは意味がないので、今回の記事を参考に自分に合った機種を選ぶようにしましょう。


Rakuten UN-LIMITは旧楽天モバイル

Rakuten UN-LIMIT

Rakuten UN-LIMITという名称にまだ馴染みが無い方も多いかもしれませんが、旧楽天モバイルのことを指しています。

このRakuten UN-LIMITでは楽天モバイル時代とはサービス内容も異なり、下記のような特徴を持っています。

Rakuten UN-LIMITの特徴

  • プランは月額2,980円の1つのみ
  • 利用出来る回線は楽天回線とパートナー回線の2種類
    • 楽天回線エリアならデータ通信の制限無し
      • 楽天回線エリアは現在日本の大都市を周辺にエリアを拡大中
    • パートナーエリア回線なら毎月5GBまで利用可能
      • 超過後は最大1Mbpsで使い放題
  • Rakuten Linkを使えばSMSなどの利用も可能

ドコモやソフトバンクでは契約したプランによってサービス内容や料金が異なります。

しかしRakuten UN-LIMITではプランが1つしかないので悩む必要がなく、料金も2,980円とかなりお手頃な価格設定です。

また多くの方が気になるであろうデータ通信量も、楽天回線エリアなら無制限で利用ができます。

もし楽天回線エリア外でも5GBまでは高速回線が利用でき、5GBの通信量超過後でも一切の追加料金なく最大1Mbpsでネットを楽しむことが可能です。

1Mbpsで出来ること
Sponsored Link

ポイント還元キャンペーン対象の機種は10種類

恐らく今Rakuten UN-LIMITを契約しようと考えている方は、ポイント還元対象の機種から選ぶ人が多いと思います。

現在キャンペーン対象の機種は10種類あり、それぞれ獲得出来るポイントは下記の様になっています。

15,000円相当のポイントプレゼント対象製品

  • Galaxy S10
  • Xperia Ace
  • Galaxy A7

11,500円相当のポイントプレゼント対象製品

  • AQUOS sense3 plus
  • AQUOS sense3 lite

10,000円相当のポイントプレゼント対象製品

  • Galaxy Note10+
  • arrows RX
  • HUAWEI nova 5T
  • OPPO A5 2020
  • OPPO Reno A 128GB

スペック重視ならGalaxy Note10+

Galaxy Note 10+
オーラグロー / オーラブラック
サイズ約162.3 x 約77.2 x 約7.9 (mm)
重量約197g
ディスプレイ約6.8インチ
CPUQualcomm® Snapdragon™ 855
オクタコア 2.8GHz + 2.4GHz + 1.7GHz
OSAndroid™ 9 Pie
内蔵メモリ(RAM / ROM)12GB (RAM) / 256GB (ROM)
メインカメラ(外側)約1,600万画素 (超広角) +
約1,200万画素 (広角) +
約1,200万画素 (望遠)
フロントカメラ(内側)約1,000万画素 (広角)
バッテリー容量約4,300mAh
おサイフケータイ / NFC対応 / 対応
防水 / 防塵対応 (IPX5 / IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔)対応 / 対応

圧倒的なCPUと内蔵メモリで、間違いなく現在世に出ているスマホの中で最高峰の性能
更にこの製品には「Sペン」と言う専用のスタイラスペンが付属しているという特徴もあります。

ストレスフリーで高画質3Dスマホゲームもプレイできて、スタイラスペンを活用して仕事にも活用出来る万能なスマホと言えます。

Rakuten UN-LIMITでの価格は115,273円(税別)ですが、現在開催中のポイントキャンペーンで1万円相当がプレゼント対象。
価格は最新のiPhone並ですが、最高峰の性能、高画質カメラ、Sペン付属、1万円ポイントプレゼントを考慮すると、非常に魅力的な製品と言えます。

Galaxy Note 10+にはイヤホンジャックが存在しません。
もしイヤホンを使いたい場合はBluetoothイヤホンを使用するか、USB-C接続のイヤホンを使用する必要があります。

Sponsored Link

コスパ重視ならOPPO Reno A

OPPO Reno A 128GB



ブルー / ブラック
サイズ約158.4 x 約75.4 x 約7.8 (mm)
重量約169.5g
ディスプレイ約6.4インチ
CPUQualcomm® Snapdragon™ 710
オクタコア 2.2GHz + 1.7GHz
OSAndroid™ 9 Pie
内蔵メモリ(RAM / ROM)6GB (RAM) / 128GB (ROM)
※楽天モバイル限定
メインカメラ(外側)約1,600万画素 (カラー) +
約200万画素 (カラー)
フロントカメラ(内側)約2,500万画素
バッテリー容量約3,600mAh
おサイフケータイ / NFC対応 / 対応
防水 / 防塵対応 (IPX7 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔)対応 / 対応

OPPO Reno AはCPU、メモリ、カメラの画質全てにおいてバランスがとれている機種です。
Galaxy Note10+と比較するとCPUやメモリは劣るものの、快適にスマホゲームが遊ぶには十分な性能を積んでいます。

また「OPPO A5 2020」には搭載されていない生体認証や防水機能が搭載されていて、更にGalaxy Note 10+にはなかったイヤホンジャックも搭載されています。

Rakuten UN-LIMITでの価格は35,273円(税別)で24回払いにすると、月額1,469円の支払いになります。
そしてこの端末も現在開催中のポイントキャンペーンで1万円相当がプレゼント対象なので、それを考慮すると更にお得に端末を所持することが可能になります。

性能が最高峰とは言えませんが普段利用する分には何一つ困らないOPPO Reno Aは、出来る限りコストを抑えたい方にイチオシの機種と言えるでしょう。

Rakuten UN-LIMITおすすめ機種 – 番外編

この項目では上記ではピックアップしなかった機種の中で、多くの方が購入の検討をされていそうな機種を3つピックアップして解説していきます。

Galaxy S10

Galaxy S10
Galaxy S10
プリズムホワイト / プリズムブルー
サイズ約149.9 x 約70.4 x 約7.8 (mm)
重量約157g
ディスプレイ約6.1インチ / AMOLED
CPUQualcomm® Snapdragon™ 855
オクタコア 2.8GHz + 2.4GHz + 1.7GHz
OSAndroid™ 9 Pie
内蔵メモリ(RAM / ROM)8GB (RAM) / 128GB (ROM)
メインカメラ(外側)約1,200万画素 (超広角) +
約1,200万画素 (広角) +
約1,600万画素 (望遠)
フロントカメラ(内側)約1,000万画素 (広角)
バッテリー容量約3,300mAh
おサイフケータイ / NFC対応 / 対応
防水 / 防塵対応 (IPX5 / IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔)対応 / 対応

Galaxy S10はGalaxy Note10+と同じCPUを搭載しているハイスペックな機種です。
RAMはNote10+の12GBには劣るものの、8GBも積んでいるので大抵の3Dスマホゲームも快適にプレイすることが出来るでしょう。

またこのGalaxyS10はイヤホンジャックが登載された最後のGalaxy端末なので、どうしてもイヤホンジャックが使える機種が良いという方にもおすすめ出来る端末です。

Rakuten UN-LIMITでGalaxy S10の価格は90,728円となっており、Note10+と比較して25,000円程度お安くなっています。

ある程度のスマホゲームが快適にプレイできて、Sペンも使わない、そしてイヤホンジャックは欲しいという方におすすめの端末です。

Galaxy S7

Galaxy S7
Galaxy S7
ブルー / ゴールド / ブラック
サイズ約159.8 x 約76.8 x 約7.5 (mm)
重量約168g
ディスプレイ約6.0インチ / AMOLED
CPUSamsung® Exynos™ 7885
オクタコア 2.2GHz + 1.6GHz
OSAndroid™ 9 Pie
内蔵メモリ(RAM / ROM)4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ(外側)約2,400万画素 (広角) +
約500万画素 (ボケ) +
約800万画素 (超広角)
フロントカメラ(内側)約2,400万画素 (広角)
バッテリー容量約3,400mAh
おサイフケータイ / NFC非対応 / 対応
防水 / 防塵非対応
生体認証(指紋 / 顔)対応 / 対応

Galaxy S7はRakuten UN-LIMITでお得にAndroid端末を購入したいという方におすすめの機種です。

CPUはオクタコア、RAMは4GB積んでいるのでネットサーフィン、SNSの利用、動画鑑賞には困らない性能になっています。
ただしゲームをよくプレイする場合にはやや力不足なところがあるので、メインのゲーム機として利用するのは厳しい性能となっています。

またこの端末は価格が17,000円なのに対し、現在開催中のポイントキャンペーンで15,000円相当がプレゼント対象なので、とてもお買い得になっています。

1点注意点としてはこのGalaxy S7はおサイフケータイが非対応となっています。

Rakuten Mini

Rakuten Mini
ナイトブラック / クールホワイト / クリムゾンレッド
サイズ約106.2 x 約53.4 x 約8.6 (mm)
重量約79g
ディスプレイ約3.6インチ / TFT
CPUQualcomm® Snapdragon™ 439
オクタコア 2GHz + 1.45GHz
OSAndroid™ 9 Pie
内蔵メモリ(RAM / ROM)3GB (RAM) / 32GB (ROM)
メインカメラ(外側)約1,600万画素
フロントカメラ(内側)約500万画素
バッテリー容量約1,250mAh
おサイフケータイ / NFC対応 / 対応
防水 / 防塵対応 (IPX2 / IP5X)
生体認証(指紋 / 顔)非対応/対応

Rakuten Miniは「世界最小、最軽量」をキャッチフレーズとする、スマートフォンに必要かつ十分な機能を兼ね備えた端末です。

手のひらサイズのRakuten Miniですが、ネットサーフィンをするには十分な性能、おサイフケータイ対応、防水機能あり、顔認証も搭載と、一通りの機能が備わっています。

しかしやはりサイズが小さいので、文字が読みづらい、入力しづらいという声も多くメイン端末として使うにはおすすめ出来ません

またこのRakuten Miniが今注目されている一番の理由として、Rakuten UN-LIMITとセットで申し込むことで端末代金が1円になるというのがあります。

Rakuten Miniはテザリング機能も搭載されているので、楽天回線エリア内であればデータ通信量無制限の モバイルWi-Fiとして活用することもできます。

端末代1円でデータ通信量無制限のモバイルWi-Fiが手に入るのは確かに魅力的と言えるでしょう。
しかしバッテリー容量が1,250mAhしかなく電池の容量には不安が残るので、外出先でのモバイルWi-Fiとして利用する場合には注意が必要です。

以上のことを踏まえるとRakuten Miniは、サブ機として利用したい、楽天回線エリアを試してみたい、モバイルWi-Fiとして活用したい人におすすめの端末と言えます。

Sponsored Link

今なら1年間無料で使える

楽天アンリミット

Rakuten UN-LIMITでは現在300万名を対象に、1年間プラン料金が無料のキャンペーンを開催中!

月額2,980円のプランが1年間無料になれば、3万円以上もスマホ代が浮くことになります。

このキャンペーンの対象者となるには難しい条件は一切無いので、機種が決まり次第早急に契約を進めることをおすすめします。

Rakuten UN-LIMITを契約するなら今がチャンス

Rakuten UN-LIMITは2020年4月から始まったサービスということもあり、まだまだ発展途上と言えます。

以前まではパートナー回線の5GBのデータ通信量を使い切った後は128kbpsしか出ませんでしたが、今では10倍の1Mbpsまで出るようになりました。

楽天回線エリアも現在は大都市でしか利用出来ませんが、今後も着々とエリア拡大を続ける見込みです。

今話題の最新サービスを1年間無料で利用出来るのは恐らくこの先も含めて今だけなので、このチャンスを逃す手はないでしょう。

楽天UN-LIMITの詳細ページはこちら

Sponsored Link
himakuro

himakuro

新卒で入社したブラック企業から脱出して超ホワイトな会社に転職。エンジニア歴は7年で普段はウェブサービス作ったりブログを書いたり、MENTAで未経験者の方にプログラミングを指導しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です