日本で残業が当たり前になってしまっている7つの原因

残業

こんにちはhimakuro(@himanakuroneko)です

他の国と比べて圧倒的に残業時間が多い日本ですが、なぜこんなに残業が多いのでしょうか。

みんな残業なんて嫌いで早く帰りたいと思っているはず。

でも帰らない

不思議ですよね。

今回の記事ではなぜ日本では残業が多いのか考察してまとめてみました。



残業が当たり前だと思っている上司がいる

残業 当たり前 上司

残業するのが当たり前。昔はみんな残業してたみたいなことを言う上司たまにいますよね。

大事なのは今です。昔の事なんて忘れましょう。

残業が当たり前な時代は終わり、未だに当たり前だと思っている人はいずれ淘汰されていくのです。

周りが帰らない

残業 帰らない

自分の仕事は終わっている

でも周りが帰らないと帰りにくい。罪悪感を抱いてしまう。

周りの目を気にしてしまいがちな日本人ではよくあるパターンです。

特に新人のうちはこれが理由で無意味に残業をしてしまう人も多いですよね。

残業を自慢する人がいる

残業 自慢

「今月100時間も残業しちゃったわ」

と、あたかも残業が正義かの様に残業時間を自慢してくる人がたまにいます。

残業は悪です

間違っても張り合わないようにしましょう。

仕事の量がおかしい

残業 仕事量がおかしい

新人のうちは仕事に慣れないことも終わらないから残業するというパターンはありますが

それとは別に、仕事量に問題があり定時に終わる量ではないケースがあります。

やはりどの会社でも仕事ができる人とできない人は分かれるものです。

そうなると作業スピードは人それぞれでありそれを理解しないでタスクを降る上司の場合、この現象が起きやすいのではと思います。

帰り際にタスクが増える

残業 帰り際にタスクが増える

定時頃になると、上司からいきなりタスクを振られて「今日中によろしく」と言われるパターン。

何を言っているんだこいつという気持ちになりますが、上司だから断れずに引き受けるしか無く、致し方なく残業。

一般常識的に考えたらありえないですが、こういう事がよくあるのが日本という国です。

上司が引き止めてくる

残業 引き止める上司

定時直後に帰ろうとすると

あれ、もう帰るの?

と言ってくる上司。

定時過ぎてるんだから、帰って何が悪い。

当然仕事が終わってなかったらそれは問題ですが、終わっているのであれば何も問題ありませんよね。

NO残業デー

NO残業デー

NO残業デー

言い換えるとその日以外は残業デーになります。

そんな制度いますぐに廃止してください。

NO残業デー以外の日に定時で帰りづらくなるので。

まとめ

今回の記事ではなぜ、日本では残業が多いのかをhimakuroなりに考え書きなぐってみました。

海外では残業は悪と考える国もあるので日本も少しは見習ってほしいですね。また、今回あげた残業の原因の多くは上司が絡んでいるので会社

残業の原因まとめ
  • 残業が当たり前だと思っている上司がいる
  • 周りが帰らない
  • 残業を自慢する人がいる
  • 仕事の量がおかしい
  • 帰り際にタスクが増える
  • 上司が引き止めてくる
  • NO残業デー

今すぐ仕事をやめるべき!転職活動を始めるべき5つのタイミングとは

辛い新人時代を乗り越えよう!仕事をやめたくなった時に意識すべき3つの事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です