小型から大型冷蔵庫に買い換えようと悩んでいる人におすすめの冷蔵庫

3 min

つい最近冷蔵庫を400Lクラスの大型冷蔵庫にを買い替えました。

今では購入して良かったと心から言えますが購入前は下記の様な壁があり正直かなり悩みました。

冷蔵庫の買い替えを悩んだ理由

  • 400L以上の冷蔵庫を買う場合、費用は10万以上
  • 買い替え時期がわからない
  • おすすめの冷蔵庫がわからない
  • 今まで使っていた冷蔵庫の処分方法がわからない。面倒くさそう。

今回の記事では数週間前の僕のように小型冷蔵庫から大型冷蔵庫に買い換えようと悩んでいる人のために、僕が実際に購入した冷蔵庫TOSHIBA VEGETAを紹介してみようと思います。

戦闘力411LのVEGETA登場!

今まで使っていたのが戦闘力135Lのこちら

そして今回購入したのが戦闘力411LのTOSHIBA VEGETA

今までギリギリの戦闘力で日々戦っていましたが戦闘力が3倍に跳ね上がり容量にかなり余裕が出来ました。

実際にうちではこんな感じで配置されています。

冷蔵庫 VEGETA

冷蔵庫を配置する際に幅が足りるか不安になると思いますが、このVEGETAは大型冷蔵庫の中でもコンパクトで60cmしかありません。

うちの配置スペースは幅62cmしかありませんがVEGETAは両サイドの幅が殆ど必要ないらしく見積もりに来てくださった方も「余裕、余裕」と言ってくれました。

ちなみに似たようなタイプでドア部分がマグネットに対応していないものがあるのですが、このタイプはしっかりとマグネットにも対応しているのもまたポイントが高いです。

Sponsored Link

大容量でなんでも入る

当たり前ですが今までよりも遥かに冷蔵出来る量が増えました。

うちでは比較的調味料系を多く冷蔵していたため、135Lの冷蔵庫では飲み物が殆ど入れられませんでした。

しかし買い替えてからはこの様に沢山の飲み物が入れられるようになりました。

冷蔵庫 VEGETA – 野菜室

野菜をあまり買わない方はこの様に野菜室に未開封の1リットルパックジュースや缶系を保存しておくのもおすすめです。

また、野菜室のトレイもかなりスペースがあるのでこの様に少し大きめの野菜はフルーツも入れることが出来ました。

冷蔵庫 VEGETA – 野菜室トレイ

ちなみに冷凍庫も大容量で箱系のアイスがラクラク入りました。

冷蔵庫 VEGETA – 冷凍庫

上のトレイ部分にはhimakuroお気に入りのアイスボックスも入れられました。

冷蔵庫 VEGETA – 冷凍庫トレイ

製氷が楽ちん!水を入れるだけで勝手に作ってくれる!

himakuroが今まで使っていた冷蔵庫はこんな感じの容器に水を入れて冷凍するものでした。

よくあるアイストレーというやつです。

しかし今回購入した冷蔵庫は下記の容器に入れて冷やすだけで勝手に作ってくれました。

アイストレーは水をこぼさないように入れたり、氷が出来たら捻じ曲げて取り出したりという手間が有りましたがVEGETAは水を入れるだけ!

感動ものでした。

Sponsored Link

おまけがたくさん付いてきた!

どこで購入するかによりますがhimakuroはビックカメラで購入しました。

その時に色々とキャンペーンをやっていたみたいで下記のものをもらいました。

[original-box]

  • 湯切り
  • ティッシュ箱
  • サランラップ

[/original-box]
そして極めつけはウォーターサーバー・・・!

ウォーターサーバー本体は無料で水だけお金を払ってくださいというよくあるキャンペーンだったので

正直悩んだのですが、水はあって困らないし、お湯もよく使うので契約しました。

ウォーターサーバーはまだ届いていないので届き次第別記事でレビュー予定です。

大型冷蔵庫は実は小型冷蔵庫よりも経済的

これは冷蔵庫を購入する際に店員さんに教えてもらった話なのですが

実は冷蔵庫は小型冷蔵庫よりも大型冷蔵庫のほうが電気代がお得なんです。

主に400リッター以上の冷蔵庫には高性能のモーターが搭載されているらしくそれが電気代削減に繋がっているようです。

今回紹介しているVEGETAは「年間電気代目安:8640円(税込)」

そして例えば350Lクラスの下記の冷蔵庫は「年間電気代目安:11600円(税込)」

年間で約3000円ぐらいの差になります。

冷蔵庫は頻繁に買い換える物ではないので中途半端に大きいものを買うよりも思い切って400L以上のものを購入する方が経済的です。

Sponsored Link

冷蔵庫の処分方法

冷蔵庫を購入する際に、今まで使ってた冷蔵庫はどのように処分するのか気になりますよね。

家電量販店で購入した場合は大抵、冷蔵庫配達時に有料で引き取ってくれます。

今回himakuroはビックカメラで購入した際に配達時に有料で冷蔵庫を引き取ってくれるオプションを付けますかという質問を受けたのでお願いしました。金額は170L以下の場合は4500円程度でそれより大きいサイズだと6000円未満ぐらいの金額で引き取ってくれるそうです。

ネットショッピングで冷蔵庫を買うのはお手軽ですが、家電量販店で買うとこういったメリットもありますね。

まとめ

今回の記事では冷蔵庫を購入して良かったと思った点をまとめました。

悪かった点はなかったの?と気になった方もいるかもしれませんが今の所は全くと言っていいほど無く大満足しています。

もし購入に悩んでいる方は思い切って購入してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link
himakuro

himakuro

新卒で入社したブラック企業から脱出して超ホワイトな会社に転職。エンジニア歴は7年で普段はウェブサービス作ったりブログを書いたり、MENTAで未経験者の方にプログラミングを指導しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です