Railsでリンクヘルパー(link_to)を使ってサクッとリンクを生成する方法を解説!

7 min

Railsでリンクを作成する際にはlink_toを使うのが良いと聞きましたが、いまいち使い方がわかりません。link_toを使って文字列にリンクを作成する方法、パラメーターを含めたリンクの作成方法、画像に対してリンクを作成する方法を教えてください。またaタグを使うのと比較してなにかメリットはあるのでしょうか?

今回の記事ではこんな質問に答えていきます。

本記事の内容
  • link_toとはなに
  • link_toの基本的な使い方
  • link_toを使って画像に対してリンクを生成する方法
  • パラメータを含むURLをlink_toを使って生成する方法
  • link_toを使うメリット

Railsのビューファイル(xxx.html.erb)ではhtmlを記述することが出来るため、シンプルなリンクの作成であればHTMLのaタグを活用するのが簡単です。

しかし少し複雑なことをしようとする場合は、Railsが提供しているヘルパーメソッドのlink_toを活用するのがおすすめです。

そこで今回の記事ではlink_toの概要や使い方、そしてaタグと比較したメリットを解説して行きます。

この記事を読んでlink_toの使い方をマスターし、かつメリットも把握した上で開発を出来るようになりましょう。

link_toとは

link_toとはメソッド名からも想像出来るようにリンクを生成するためのメソッドになります。

このメソッドをビューのファイルに記述する事で、Rails側でaタグに変換してHTMLファイルを生成してくれます。

link_toのフォーマット


<%= link_to '表示するテキスト', 'リンク先のパス' %>

例えば下記のようにlink_toを使い文字列のリンクを生成した場合には


<%= link_to 'himakuroブログ', 'https://himakuro.com' %>

下記のaタグが生成されます。


<a href="https://himakuro.com">himakuroブログ</a>

link_toはGETのリクエストを送る

link_toを利用する場合に1点注意してほしいのが、link_toはオプションを指定しない限りデフォルトでGETリクエストを送ります。

つまりデータを削除する様なルーティングをDELETEメソッドで定義している場合、オプションを付加しない限りは正常に動かないので注意しましょう。

link_toの使い方

ここからはよく使うlink_toの記述例を紹介します。

テキストリンクの生成


<%= link_to 'himakuroブログ', 'https://himakuro.com' %>

名前付きルートに対してリンクを生成


<%= link_to 'New User', new_user_path %>

各ルーティングの命名はrails routesコマンドのPrefix列で確認が可能で、Prefixの内容の末尾に_pathをつけるとリンクの生成が可能です。


$ bundle exec rails routes

------------------ 実行結果 ------------------
Prefix    Verb   URI Pattern                                                                              Controller#Action
    users GET    /users(.:format)                                                                         users#index
          POST   /users(.:format)                                                                         users#create
 new_user GET    /users/new(.:format)                                                                     users#new
edit_user GET    /users/:id/edit(.:format)                                                                users#edit
     user GET    /users/:id(.:format)                                                                     users#show
          PATCH  /users/:id(.:format)                                                                     users#update
          PUT    /users/:id(.:format)                                                                     users#update
          DELETE /users/:id(.:format)                                                                     users#destroy

またPrefix列が空欄のルーティングは省略されているだけなので、例えばPATCH、PUT、DELETEの命名は下記のようになっています。


     user GET    /users/:id(.:format)                                                                     users#show
     user PATCH  /users/:id(.:format)                                                                     users#update
     user PUT    /users/:id(.:format)                                                                     users#update
     user DELETE /users/:id(.:format)                                                                     users#destroy

ControllerとActionを指定してリンクを生成

UsersControllerのindexメソッドを指定


<%= link_to "ユーザ一覧", controller: "users", action: "index" %>

URLや名前付きルートではなく、直接ControllerとAction名を指定することも可能です。

画像に対してリンクを生成


<%= link_to new_user_path do %>
  <%= image_tag "user.png" %>
<% end %>

methodオプションを使ってDELETEのリンクを生成

link_toはデフォルトでGETリクエストになりますが、このmethodオプションを活用することで、POST、DELETE、PATCH、PUTのリクエストが送れるようになります。

DELETEの例


<%= link_to '/users/1', method: :delete %>

URLパラメータを含むlink_toの書き方

この項目ではURLパラメーターに関する下記の3つを解説します

  • URLパラメータとは何か
  • ルーティングの確認
  • link_toを使ってURLパラメータを含むURLを生成する方法

URLパラメータとは

URLパラメータとはURLにidの様な変数を含めることでサーバーに情報を送ることを指します。

例えばuser_id=1の情報が欲しい場合には、http://localhost/users/1 の様なルーティングにして1という値をサーバーに渡して行きます。

ルーティングの確認

今回はScaffoldによって自動生成されたユーザに関するルーティングの中で、ユーザの詳細ページを表示するためのuser GET /users/:id(.:format)を例に解説をしていきます。


$ bundle exec rails routes

------------------ 実行結果 ------------------
Prefix    Verb   URI Pattern                                                                              Controller#Action
    users GET    /users(.:format)                                                                         users#index
          POST   /users(.:format)                                                                         users#create
 new_user GET    /users/new(.:format)                                                                     users#new
edit_user GET    /users/:id/edit(.:format)                                                                users#edit
     user GET    /users/:id(.:format)                                                                     users#show     ←コレ
          PATCH  /users/:id(.:format)                                                                     users#update
          PUT    /users/:id(.:format)                                                                     users#update
          DELETE /users/:id(.:format)                                                                     users#destroy

Scaffoldって何?どうやったら上記のようなルーティングが出来るの?と思った方は下記の記事を参考にしてみてください。

URLパラメータを含むリンクをlink_toを活用して生成

ユーザ詳細ページのpathはuser GET /users/:id(.:format)で、末尾に:idが付いています。これはURLの末尾にusersテーブルのid(変数)を含む必要があることを意味しています。

つまり/users/1, /users/2のようにしてアクセスをする必要があるので、aタグを使ってリンクを生成する場合には下記のようにします。


<%= link_to '詳細ページ', '/users/1'%>

そしてこれをlink_toを活用して生成する場合は下記のようになります。


<%= link_to 'ユーザ詳細', user_path(user) %>

user_pathと指定するだけでなく、引数としてuserのインスタンスを渡しています。

こう記述することにより、Userインスタンスのidを自動的にURLパラメータとして扱ってくれるようになります。

link_toを使うメリット

link_toを使うメリットは大きく分けて2つあります。

豊富なオプションを活用して簡単にリンクの生成が可能

豊富なオプションを活用することで、様々なリンクを簡単に作成出来ることになります。

今回の記事では全てのオプションは解説しきれないので、利用出来る全てのオプションを見たい場合はRailsドキュメントで確認してみてください。

存在しない場合はエラーになる

開発を進めて行く上で、誤って存在しないURLを指定してしまうケースもあるかと思います。

例えばaタグを使ってリンクを生成した際に間違ったURLを記述してしまった場合、それはクリックするまでは間違っていることに気づけません。

しかしlink_toを活用して、名前付きPathかController・Actionの組み合わせでリンクを生成すると、存在しない場合はページにアクセスした時点でエラーになります。


<%= link_to "ユーザ一覧", controller: "users", action: "index2" %>
rails - link_to error

aタグは基本使わない

Railsで開発をしているのであればlink_toは積極的に使っていくべきメソッドです。

今回紹介した内容を参考にリンクを生成する際には活用していきましょう。

Sponsored Link
himakuro

himakuro

新卒で入社したブラック企業から脱出して超ホワイトな会社に転職。エンジニア歴は7年で普段はウェブサービス作ったりブログを書いたり、MENTAで未経験者の方にプログラミングを指導しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です