新年を迎えて心機一転!今年やりたいこと100個のリストを作ってみた!

新年を迎えて心機一転! 今年やりたいこと100個のリストを作ってみた! (1)

新年は気持ちを切り替えるのには絶好の機会です。

この絶好の機会を有効活用して1年の目標を建てると、充実した1年を送れる確率が大幅に上がります。

また日本人の多くは年末年始ぐらいはゆっくりダラダラしたいと思う方が大半なので、この期間を有効活用する事でロケットダッシュを決め、他の人に圧倒的な差を付けることも出来るでしょう。

そこで今回の記事ではhimakuroが2020年に達成したい目標を100個まとめてみました。

2020年は2019年以上に個人の能力(スキル)が重要視される世の中になると予想されるので、自己投資を中心に、貯蓄を増やすような目標をメインで入れています。

自分がやりたいことを明確にし言語化して共有することで、適度な縛りを自分に与えることが出来るので目標を達成しやすくなるというメリットがあります。

このリストを例にあなたも最低30個、出来れば50個ぐらい目標を建ててリスト化をし、Twitterやブログの記事などにまとめてみましょう。



人生の100のリスト

既にお気づきの方もいるかもしれませんが、今回の記事の内容は、「人生の100のリスト」が元になっています。

僕は1年半前にこの本を参考に「人生でやりたいことリスト100」を作成しました。

しかし期間が漠然としすぎているので目標に向かって頑張ると言うよりは、気づいたら達成していた項目が殆どでした。

これはこれで作ってよかったと思うところはありますが、どうしたらもっと効果的なリストが作れるかを考えました。

そして思いついたのが今回の「1年でやりたいことリスト100」を作成する事でした。

1年でやりたいことリスト100を作っている人はまだ殆どいない!
目標を明確にして圧倒的成長を遂げられる1年にしよう!

目標リストを作る際の注意点

目標リストはむやみに箇条書きだけしても、効果が薄れてしまいます。

そこで目標リストを作る際に意識しておくと良いルールを下記にまとめてみました。

やりたいことリストのルール
  • 1年より長くかかる目標は入れない
    • 目標を細分化して、一部入れるのはあり
  • 達成したか明確にわかる内容にする
    • あいまいな目標にしない
    • 目標に数値を出来る限り入れる
  • いきなり100を目指さない
    • 50,80,100の様に段階的な目標にする
  • 既に達成する見込みがある物も入れる
    • モチベにつながる

達成が難しい目標ばかりを入れてしまうと、「何も達成出来なそう」、「ダメ人間」などのネガティブな思考になってしまう可能性があります。

そこで作成するリストの中で2割から3割は死ぬ気で頑張らないと達成出来ない目標、残りを達成する見込みがあるもの、または頑張れば達成できそうなものを入れておくと良いでしょう。

自己投資編 – 2020年にやりたいこと

ここからはhimakuroが2020年に達成したいことリスト100を公開!
まずは自己投資編としてこの1年で身に付けたいスキルや何に注力したいかをまとめたよ!
  1. FPプランナー3級を取る
  2. FPプランナー2級を取る
  3. 簿記3級を取る
  4. 英検1級を取る
  5. TOEIC900点以上取る
  6. 英会話を始める
  7. Amazonソリューションアーキテクトの資格を取る
  8. 個人開発したサービスを3つリリースする
  9. 自分用に時間管理アプリを作成する
  10. 汎用的に使えるTwitterログイン機能を実装する
  11. Nuxtを使ったサービスを完成させる
  12. Railsを使ったサービスを完成させる (2020-01-16に完成!)
  13. マーケティングに使えるSlackBotを1つ作成する
  14. 日常で使えるLINE BOTを1つ実装する
  15. Swiftを使ったアプリを1つ実装する
  16. Alexaスキルを1つ実装する
  17. Qiitaに記事を3つ投稿する
  18. Qiitaに記事を5つ投稿する
  19. ランサーズで案件を5個納品する
  20. ランサーズで案件を10個納品する
  21. ランサーズで年間売上5万を達成する
  22. 有料noteを1つ書く
  23. 有料noteを3つ書く
  24. オリジナルのWPテーマを作成する
  25. WPブログの作り方の記事を書く
  26. 楽天の記事を10個書く
  27. 自宅でプログラミングを500時間勉強する
  28. 自宅でプログラミングを1000時間勉強する
  29. プログラミングに関する記事を20記事書く(2020-01-19時点で2記事)
  30. プログラミングに関する記事を50記事書く
  31. エンジニアに関連する記事を10個書く
  32. 50記事投稿する  (2020-01-19時点で4記事)
  33. 100記事投稿する
  34. 150記事投稿する
  35. 200記事投稿する
  36. ブログのPV数 月間5万にする
  37. ブログのPV数 月間10万にする
  38. ブログの売上を月5万以上にする
  39. ブログの売上を月10万以上にする
  40. モバイル版のPage Speed Insightsでスコア80にする(現22)
  41. パソコン版のPage Speed Insightsでスコア90にする(現70)
  42. A8でブロンズランクになる
  43. A8でシルバーランクになる
  44. 年間で本を30冊読む (2020-01-19時点で3冊)
  45. 年間で本を50冊読む
  46. 年間で本を100冊読む
  47. 株に関する本を3冊読む
  48. せどりで利益を出す
  49. インデックス投資を始める
  50. 積立NISA始める
  51. 税金の仕組みを説明出来るようになる
  52. pixivに絵を3枚投稿する
  53. 曲を1曲作る
  54. 楽天ROOMで100コレする
  55. インスタグラムのフォロワー数を300人にする
  56. リスティング広告を実践する
  57. Youtubeに動画を10本投稿する
  58. Youtubeに動画を30本投稿する
  59. チャンネル登録者数1000人にする
  60. Youtubeで収益化する

節約編 – 2020年にやりたいこと

  1. 楽天電気に切り替える  (2020-02-13に切り替え完了予定!)
  2. 楽天銀行を開設する   (申請中)
  3. 楽天モバイルに切り替える
  4. 楽天証券を始める  (申請中)
  5. 楽天Payを使う
  6. 楽天経済圏に乗っかる
  7. ふるさと納税をする
  8. BIGLOBEモバイルを解約する
  9. マネーフォーワードを導入する
  10. 課金を年間5万以内に抑える
  11. 課金を年間10万以内に抑える
  12. メルカリで不用品を5個販売する
  13. メルカリで不用品を10個販売する
  14. 出前は年間24回まで(月2)
  15. 出前は年間12回まで(月1)
  16. 毎月の食費を平均7万に抑える(現9万)
  17. 毎月の食費を平均6万に抑える
  18. 年間で貯金を30万増やす
  19. 年間で貯金を50万増やす
  20. 年間で貯金を100万増やす

生活編 – 2020年にやりたいこと

  1. 大型テレビを購入する
  2. 椅子を買い換える
  3. リビングとパソコンルームのラグを購入する
  4. PS4 Pro購入する
  5. パスポートを更新する
  6. 大阪に旅行する
  7. 北海道に旅行する
  8. 沖縄に旅行する
  9. アウトレットに行く
  10. 海外旅行に行く
  11. ディズニーランドに行く
  12. クリスマスマーケットに行く
  13. くだものがりに行く
  14. 歯医者にいって親不知を抜く
  15. 歯のホワイトニングをする
  16. 5キロ痩せる
  17. 腹筋を割る
  18. ポケモン剣盾の図鑑を完成させる (残り1匹)
  19. 自宅のネットをnuro回線にする
  20. News Pickの有料会員を利用する

まとめ

今回の記事では1年の間でやりたいことを100個まとめたリストを作成してみました。

今回僕が作成したリストをみて、段階的に目標を分けてかさ増ししてない?と思われた方もいるかもしれませんが、それでいいんです。

自分が本当にやりたいことへの目標を細分化する事で、少し頑張れば目標達成に近づいていることが実感出来てモチベに繋がります。

2020年の年末には自分はこれだけ成長したのかと振り替えれるように是非みなさんもこのリストを作ってみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です