【2018年版】Twitter APIが使えるようになるまでの手順をまとめてみた

今年最後の楽天スーパーSALEがまもなく開催! エントリーが必要なのでお忘れなく!

こんにちはhimakuro(@himanakuroneko)です

久しぶりの記事投稿となります。

今回はエンジニアであれば一度は聞いた事があるであろうTwitter APIについてです。

割と最近までは気軽に使えたTwitter APIですが

今年の7月末にAPIの使用条件が変更され使用するまでのハードルがかなり上がってしまい、各所で悲鳴の声が上がりました。

そこで今回は、Twitter APIを使うための申請手順を1から解りやすくまとめてみました。

実際に使えるようになるまでには有人の審査を突破する必要があり時間がかかります。今後TwitterAPIを使ってツイートの集計や自動投稿を行いたいと考えている方はこれを機会に申請をしておきましょう。



Twitter APIとは

そもそもTwitterAPIとはなんぞやという人のために具体的に何が出来るかをいくつか挙げてみました。

TwitterAPIを使って出来ることの例
  • 特定のユーザに紐づくツイートやお気に入り一覧の取得
  • 特定のキーワードに基づく投稿数や内容の一覧取得
  • 特定のツイートに対してのお気に入りやリツイートを行う
  • ツイートをする・ツイートした内容を削除する

要はTwitter上で行える操作は一通り出来ます。

また、単純にAPIを使うだけでは留まらず、一歩先に行く事で

特定の時間になったら自動で特定の文章を投稿するBOTの作成

みたいなことも出来るようになります。

Twitter APIを使うまでの手順

Twitter Developer Platformで自身のTwitterアカウントにログインをしよう

Twitter Developer Platform

Twitter APIを使うためには使用申請をする必要があります。

そのためにはまずTwitter Develop Platformにアクセスをして右上の「Sign In」ボタンから自身のTwitterアカウントにログインをしましょう。

ログイン後は右上の所に自身のアカウントが表示されていることを確認しましょう。

DevelopAccountを申請しよう

twitter-develop-account

サインインをすると上記のような画面になるので「Apply for a developer account」を押して申請を進めましょう。

電話番号を設定しよう

TwitterのDeveloper Accountを申請するためには使用するTwitterアカウントの電話番号設定が必須となります。

もし、まだTwitterのアカウントで電話番号を設定していない場合は下記のような画面になるので「Add a valid phone number」を押して電話番号登録を進めましょう。

apply-for-twitter-developer-account

ちなみに他のTwitterアカウントで設定済みの電話番号は使えないので注意。

電話番号を登録後は認証コードがスマホに届くのでそれを入力して認証を済ませましょう。

twitter-develop-account-verify

認証が完了すると下記の画面になるので「Continue」を押して進みましょう。

twitter-developer-account-verify-phone-number

アカウントの詳細を入力する

電話番号認証の次はアカウントの詳細を求められます。

twitter-developer-account-detail
手順
  1. 個人的な用途を選択
  2. アカウント名を設定。名前、プロジェクト名などでも可
  3. 国はJapanを選択
  4. すべての入力が終わったら「Continue」を押す

プロジェクトの詳細を入力する

アカウントの詳細の次はプロジェクトの詳細を求められます。

twitter-developer-account-project-detail
手順
  1. 用途を選ぶ。何個でも可能
  2. 詳細を英語で入力する

この詳細を英語で入力するステップがTwitter Developer Accountを申請する時の最大の壁です。

②に記載されている1~4の項目はそれぞれ下記を意味しています。

手順
  1. TwitterAPIの用途
  2. ツイートや、アカウント分析をするかどうか。もしする場合どのように何を分析するのか
  3. TwitterAPIを使いツイート、リツイート、お気に入り(いいね)をする予定があるか
  4. TwitterAPIを使用して作る内容を何らかの形で公開する場合、どのように見せる予定か

英語が苦手な方はこれらの内容を日本語でまず考え、そのあとにGoogle翻訳とかで訳してもらうと良いです。

もちろん、Google翻訳も万能ではないので英訳した後に確認は怠らないようにしましょう。

規約に同意する

twitter-developer-account-confirmation

ここまで来たらあと少しです。

2つのチェックボックスがあり、それぞれ下記を意味しています

  1. 「Developer Agreement」と「Twitter Developer Policy」いう規約に同意するか
  2. 製品のアップデートやお得な情報のメルマガを登録するか

①のチェックは必須ですが②は任意となります

チェックを入れたあとは「Submit application」をクリックして申請を完了させましょう

メール認証を済ませよう

twitter-developer-account-email-confirmation

One more step

あと一歩です

最後にTwitterのアカウントに登録しているメールアドレスに認証メールが届きます。

届いたメールのリンクをクリックすると下記のようなページに飛ぶので「Confirm your email」を押して認証を完了させましょう。

twitter-developer-account-email-verification

以上で申請は完了しました

あとは有人による審査の結果を待つだけです!

審査の結果は何日で来るのか

申請が終わってから気になるのが何日で結果が来るのかですよね。

himakuroが実際に申請してみたところ2日で承認されました

twitter-developer-account-approved

(17日に申請して19日に承認)

1週間ぐらいかかるかなと思っていたのでこの速さには少し驚きました。

営業日の兼ね合い、混雑具合に寄って左右されると思いますが最短で2日、遅くて1週間ぐらいを見ておけば良さそうでした。

まとめ

今回はTwitterAPIを使うためのDeveloper Accountの申請手順から承認されるまで何日かかるかをまとめてみました。

英語で具体的な説明をする部分が最大の壁とも言えますが、TwitterAPIを使うと色々と出来るのでエンジニアを目指す方は一度は使ってみると良いかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です