RADWIMPSのおすすめ曲まとめ!音域情報と動画付き

RADWIMPSのおすすめ曲まとめ!音域情報付き
himakuro
どうも!himakuroです

映画「君の名は」の主題歌「前前前世」で一気に知名度が上がったRADWIMPS(ラッドウィンプス)

今年でデビュー13年目を迎えたRADWIMPSですが、彼らが作曲してきた曲は130曲以上!

今回の記事ではファン歴13年のhimakuroが特におすすめするRADWIMPSの曲を9曲、音域情報と共に紹介して行きます。

比較的昔の曲を多めに取り上げてみたので、最近ファンになった方は昔の曲も聴いて今まで以上にRADWIMPSの事を好きになってもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

25コ目の染色体

RADの良さがフルに活かされているバラード曲

3:03辺りからのリズム、歌詞共に最高でRADのバラード曲の中ではTOP3に入るほど好きです。

ちなみに、こちらの曲の続編として「七ノ歌」という曲があるのでセットで聴いてみるとより良さが解る1曲となっています。

有心論

RADの曲の中でもカラオケ曲として人気が高い有心論

曲の2:24辺りに「神様」という歌詞はよく聴いてみると「神 さよなら」と言っており

元カノの「Maki」の名前を並び替えると「Kami」になる事から、元カノに対してさよならと歌う切ない歌詞となっています。

当時の僕はこの内容を知って鳥肌が立ちましたね・・・

閉じた光

この曲をおすすめとして挙げている記事があまりなかったので「マイナーなのかな?」と思いましたが個人的にはTOP3に入るほど好きな曲です。

1:15辺りから急に盛り上がる感じがとても良く

すっからかんのころんのすってんころりんちょんのポン

と言う歌詞がとても印象的な1曲。

魔法鏡

曲名の読み方は「マジックミラー」

himakuroがRADの曲の中で一番好きな曲。

RADファンでこの曲を知らない人は人生の半分ぐらい損していると言っても過言ではない。

この曲の良さは語るよりも聴いてもらったほうが早いのでまずは聴いてみてください。

トレモロ

曲の入り方がとても印象的でそこにハマるファンが多い1曲

全体的にテンポが良いですが、リズムが変則的な部分が何箇所かあるのでカラオケで歌う時は少しだけ難易度高め。

ギミギミック

かつて地球は四角で 今じゃ地球は丸くて 次は三角にでもなるのかな

かつて人は海の子で 今じゃ人は神の子で 次は誰のコドモになるのかな

色々と考えさせられる深い歌詞盛り沢山でRADらしい1曲。

ものもらい

  • 音域:mid1C ~ mid2G#
  • 発売日:2011年3月9日
  • 収録アルバム:絶体絶命

ラストサビの直前の盛り上がり方が特に好きな1曲。

もしあなたがある朝、目覚めて瞳がなくなっていたらどうしますか?

夢番地

トレモロと同じく曲の入り方がとても印象的で神秘的な曲。

自分の明日という未来は、明日の自分にとっては今日。

自分の夢は誰かが既に叶えている夢であり、誰かの夢は既に自分が叶えている。

と言った歌詞があり、これまた奥深い内容の曲になっています。

愛し

曲名の読み方は「いとし」ではなく「かなし」

元彼女との実体験をもとに作られたこの曲は

自分の事ばかり考えていたが、君と出会って優しさに触れることで、はじめて自分以上に好きな人が出来たという内容の素敵な曲です。

この曲は長く6分以上ありますが、バラードからロックに調に一変したりと聴いていて全く長いと感じないところもまたすごいところだなと思います。

まとめ

今回はRADの曲の中でも比較的に古めの曲を混ぜつつおすすめの曲を紹介してみました。

正直おすすめな曲がありすぎるので、次回は曲調やシチュエーション別などに分けて紹介していきたいと思います。

今回紹介したRADWIMPSのおすすめ曲
  1. 25コ目の染色体
  2. 有心論
  3. 閉じた光
  4. 魔法鏡
  5. トレモロ
  6. ギミギミック
  7. ものもらい
  8. 夢番地
  9. 愛し
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です