LINE Payを使って賢く節約!使い方と登録可能なクレジットカードなどを解説!

line-pay

手軽に使えて、ポイント還元率もクレジットカードより上
そして定期的にお得なキャンペーンも開催しているLINE Pay!

僕はキャッシュレス決済に抵抗があったので、今まで使っていなかったのですが2週間ほど前からLINE Payデビューを果たし、今ではすっかりになってしまいました。

そこで今回の記事では、まだLINE Payを使ったことがない人、または抵抗があって使えていない人のために、LINE Payの概要、使えるお店、メリット、クレジットカード、銀行口座の登録方法などを解説して行きたいと思います。

himakuro
現金しか使っていない人はそれだけで損してるから、是非これを機会にLINE Payを使ってみよう!
スポンサーリンク

LINE Payとは

line-pay-start

LINE PayとはLINEのサービスの1つで、チャージをすると加盟店での支払いに利用する事が出来るキャッシュレス決済です。

LINEのアプリがインストールされていれば簡単な規約に同意をするだけですぐに登録が可能です。

line-pay

LINEアプリを開き、右下の「ウォレットを選択」して LINE Payをはじめるを選択する

主な用途としては加盟店での支払いになりますが、LINEの友達への送金や割り勘などの機能も兼ね備えているのが特徴です。

himakuro
LINE Payの詳しい使い方はこの後説明するよ!

LINE Payが使える店

line-pay-start

LINE Payの加盟店は日々増えていてここには書ききれないので、メジャーな店舗をピックアップしてまとめてみました。

LINE Pay加盟店
  • ファミリーマート(コンビニ)
  • ローソン(コンビニ)
  • セブンイレブン(コンビニ)
  • ポプラグループ(コンビニ)
  • サーティワンアイスクリーム(飲食)
  • スターバックス(飲食)
  • 松屋(飲食)
  • ジョナサン(飲食)
  • ほっともっと(飲食)
  • 赤から(飲食)
  • ヤマダ電機グループ(家電)
  • Joshin(家電)
  • ソフマップ(家電)
  • ケーズデンキ(家電)
  • IKEA(生活雑貨)
  • ジャンボカラオケ広場(カラオケ)
  • カラオケの鉄人(カラオケ)
  • タイトーステーション(ゲームセンター)
  • Right-on(衣料品)
  • ハードオフグループ(リサイクルショップ)
himakuro
他にも加盟店はたくさんあるから、LINEアプリから確認してみよう!

LINE Payを使うメリット

多くの店舗で利用が可能で便利そうというのは伝わったかと思います。

しかしやはりまだキャッシュレス決済に抵抗がある…

と言う人は多いと思います。

僕も2週間前まではそうでした

しかし今では、なんでもっと早く使っていなかったんだろうと後悔しています。

LINE Payは現金で支払うのと比較して様々なメリットがあります。

LINE Payを使うメリット
  • 会計時に小銭のやり取りが不要
  • 銀行口座から手数料無しでチャージが可能
  • 頻繁にキャンペーンをやっている
  • コード支払いだと還元率がクレカと比較しても圧倒的還元率

会計時に小銭のやり取りが不要

僕は今までコンビニでLINE Payの様なキャッシュレス決済を使うのは、現金で支払うよりも手間が多くて面倒だと思っていました。

しかし実際に使ってみると、レジの人と小銭のやり取りをするよりも遥かに楽というのを実感しました。

手数料がかからない

現金で支払う場合は定期的にATMからお金を引き出す必要があります。

時間帯によっては手数料がかかりませんが、その時間を狙っていくのも中々大変です。

一方LINE Payの場合は銀行口座から直接チャージをする事が可能で手数料が一切かかりません。

キャンペーンが定期的に開催

LINE Payでは定期的にポイント還元キャンペーンが開催されています。

直近だとセブンイレブンで買い物をしてLINE Payのコード支払いを利用すると、無条件で20%のポイントバックが発生します。

line-pay-seven-eleven-campaign

LINE Pay セブンイレブンキャンペーンで期間中は最大1,000円相当までバック!

例えばコンビニで1,000円の買い物をして、LINE Payを利用するだけで200円分のポイントがバックされます。

現金で支払うよりも圧倒的にお得ですね。

この他にも特定の店舗で使えるクーポンが貰えるキャンペーンなどが定期的に開催されています。

圧倒的還元率

LINE Payには大きく分けて4種類の支払い方法があります。

  1. コード支払い
  2. LINE Payカード
  3. オンライン決済
  4. QUICPay

この中でもコード支払いが圧倒的ポイント還元率を誇っています。

コード支払いをするだけで利用額の3%分のポイントが還元され、更に月々の利用料によって最大2%プラスされます。

3%上乗せキャンペーンは終了してしまったので、現在はマイカラーに応じた分のポイント付与が行われます。

line-pay-my-color
himakuro
グリーンカラーになるとクレジットカードも顔負けに2%還元になるよ!

LINE Payの使い方

himakuro
メリットがわかったところで、ここからは具体的な利用方法について解説していくよ

LINE Payを使うためのステップは5つあります。

LINE Payの始め方
  1. LINEを起動する
  2. ウォレットを開く
  3. 「LINE Payをはじめる」を選択
  4. パスワードを設定する
  5. チャージをする

1. LINEを起動する

これに関しては特に説明も不要だと思うので割愛

2. ウォレットを開く

line-pay-wallet

画面右下の「ウォレット」を選択

3.「LINE Payをはじめる」を選択

line-pay-start-button

「はじめる」を選択

4. パスワードを設定する

line-pay-password

この時点で登録は完了!

しかし機種変更をする時やセキュリティ面も考慮してパスワードを設定しておきましょう。

5. チャージをする

line-pay-charge

あとはチャージをするだけ!

himakuro
どのステップも簡単だから数分でここまでが終わるよ!

チャージ方法

チャージ方法は大きく分けて4つあります。

LINE Payのチャージ方法
  1. 銀行口座からチャージ(おすすめ)
  2. コンビニの端末を使ってチャージ
  3. LINE Payカードを購入してチャージ
  4. QRコードをレジで提示してチャージ

銀行口座からチャージ

4つのチャージ方法の中で一番おすすめなのがこの方法。

24時間いつでも手数料無しでチャージが可能で、登録出来る銀行口座の種類も豊富。

登録可能な銀行口座一覧
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行

個人情報流出の事件などが耐えないので、銀行口座を登録するのにはセキュリティ的に不安と思う方が多いかもしれません。

しかしLINE Payでは銀行口座の認証情報をLINE Pay側では保持せず、銀行側で管理する様な仕組みになっています。

万が一不正利用された場合もLINE Payが補償してくれます。

 

※銀行口座の登録画面はウォレットを開いて、下記の赤枠の辺りをタップすることで遷移可能

line-pay-charge
line-pay-charge2

銀行口座を選択

セブン銀行ATMでチャージ

セブン銀行ATMでに現金を入れてチャージする方法で、セブン銀行の口座を持っていなくてもチャージが可能。

LINE Payの画面でセブン銀行ATMを選択してQRコードして方法と、LINE Payカードを使ってチャージする方法の2パターンがある。

手持ちの現金をチャージしたい、またはLINE Payカードからチャージしたい場合はこの方法が使える。

ファミリーマートのFamiポートでチャージ

Famiポートを使い、レジで支払ってチャージする方法。

流れとしては下記。

  1. LINE Payのチャージ方法でコンビニを選択
  2. チャージ金額を入力
  3. Famiポートに入力する受付番号が表示される
  4. Famiポートに受付番号を入力
  5. チャージを申し込むためのレシートが発行される
  6. レジにレシートを持っていき支払う

支払い時には領収書を発行してもらえる。

LINE Payカードを使ってチャージ

LINE Payカードを使ってローソンやドラッグストアでチャージが出来る方法。

レジにあるカードリーダーにLINE Payを読み込ませた後に、現金を支払うとLINE Payにチャージされます。

QRコードをレジで提示してチャージ

LINE Payのチャージ方法として「QRコード/バーコードチャージ」を選択し、表示されたバーコードをレジに提示して支払う方法。

アインズなどのドラッグストアでこの方法が使え、一部店舗では1円単位のチャージが可能。

LINE Payチャージ方法のまとめ

現状一番手軽なのは銀行口座からのチャージ。

口座を登録したくない場合はセブン銀行やFamiポートの利用がおすすめ。

クレジットカードから直接チャージは出来ない

よくある疑問として、クレジットカードでLINE Payをチャージ出来るの?と言うのがあります。

結論から言うとクレジットカードから直接LINE Payにチャージ出来ません。

LINE PayからVisaのクレジットカードが発行可能に

2019/06/27に公式から発表されたPRで、LINE PayからVISAのクレジットカードが発行されることが明らかになりました。

初年度のポイント還元率は驚きの3%

年会費は初年度は無料で2年目以降は1,250円だが、1回以上の利用で無料となる。

LINE Pay VISA クレジットカードの特徴
  • 利用時にLINEアカウントから決済通知を受取れる
  • 「LINE Pay」に連携してスマートフォン決済にも利用可能
  • Visaのタッチ決済機能が利用可能

先行予約は8月頃を予定しているらしいので、目を光らせておくと良いかもしれない。

himakuro
2年目以降の還元率は何%なんだろう…?

まとめ

今回はキャッシュレス決済の1つであるLINE Payについてまとめました。

最初はハードルが高いと感じるかもしれませんが、実際に使ってみるとその手軽さに虜になります。

ポイント還元率も高く一種の節約にもなりうるので、コンビニなどで現金しか使ったことが無い方はこれを機会にキャッシュレス決済の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です