冬だと洗濯物が乾かない?工夫して効率よく乾かす方法まとめ

2 min
fuyu-sentaku
Sponsored Link
himakuro

himakuro

新卒で入社したブラック企業から脱出して超ホワイトな会社に転職。エンジニア歴は7年で普段はウェブサービス作ったりブログを書いたり、オンラインで未経験者の方にプログラミングを指導しています。
このブログではエンジニアに関する情報や、お得なセール情報、節約方法などを掲載!

FOLLOW

こんにちはhimakuro(@himanakuroneko)です

12月になりいよいよ本格的に冬の寒さとなってきました。

こんだけ寒いとせっかく大切な時間を使って洗濯をしても乾く気配が全く無くてストレスが溜まりますよね。

そこで今回の記事では冬に効率良く洗濯物を乾かす方法をまとめてみました。

寒い冬でも乾燥機無しで効率よく洗濯物を乾かして行きましょう。


部屋の中央に洗濯物を配置しよう

カーテン

洗濯物を干す時にカーテンレールに掛けて干す方が多いと思いますが、これはとても効率が悪いのでやめましょう。

カーテンレール付近は壁際ということもあり風通しが悪く、窓の結露などもあるので湿気が多く乾きづらいです。

部屋の中央に掛けるところが無いという方は下記のように便利な物干しがあるので購入を検討しても良いかもしれません。

Sponsored Link

サーキュレーター・扇風機で乾かす

部屋のスペースが足りなくて、どうしても壁際かカーテンレールに干すしかないという方におすすめなのがサーキュレーターと扇風機の活用です。

スウィング機能を使い満遍なく風を当てることで数時間もすれば良い感じに乾かす事が出来ます。

himakuro家ではサーキュレーターを使っていますが、真夏にも使えてかなり重宝しています。物によって風の強さやスウィング機能の有無があるので購入する際は家庭にあったものを選びましょう。

エアコンの活用

エアコン

これは僕自身最近知ったのですが、エアコンに付けるハンガーという物が存在します。

このエアコンハンガーを設置し、エアコンの設定を暖房、または除湿にすることで洗濯物を乾かしていきます。

電気代という面では扇風機やサーキュレーターよりも値が張ってしまいますがスペースを取らないというメリットがあります。また、このハンガーエアコンで干せる数には限りがあるので他の方法と併用して活用すると良いと思います。

Sponsored Link

まとめ

乾燥機や浴室乾燥がある方はそれを使うのがベストではありますが、ない場合でも一工夫することで効率よく洗濯物を乾かすことが出来ます。

洗濯物を乾かす時にこうしなければいけないというルールはありません。

自分に合った乾かし方で効率よく洗濯物を乾かし、自由な時間を増やして行きましょう。

Sponsored Link
himakuro

himakuro

新卒で入社したブラック企業から脱出して超ホワイトな会社に転職。エンジニア歴は7年で普段はウェブサービス作ったりブログを書いたり、オンラインで未経験者の方にプログラミングを指導しています。
このブログではエンジニアに関する情報や、お得なセール情報、節約方法などを掲載!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です